History & Career

シェフ経歴

1947年8月10日

東京都品川区にて生まれる。

 

1973年

六本木のチェコ スロバキアレストラン『キャッスルプラハ』に勤務後、マネ-ジャ-の紹介で横浜より船でソ連経由でドイツへ渡る。

フランクフルトのシュタイゲンベルガー・ホテル『フランクフルタ-ホフ』、デュッセルドルフ『シュタイゲンベルガ-・パ-クホテル』で修行。その後ベルギ-・ブリュッセルホテル・アトランタ、シェラトンホテル、モナコ『モンテカルロ・スポ-ティングクラブ』に勤務。

 

1977年10月
日本へ帰国。
スイスのレストランが日本に上陸するため、ヨ-ロッパ経験のあるシェフを募集していることを知り応募。

 

1978年2月
再度ヨ-ロッパ・スイスへ飛び立つ。
東京新宿に1979年11月オ-プンしたスイスレストラン『モ-ベンピック』の初代シェフとなる。


 

1980年
東京アメリカンクラブのポジションシェフとして2年間勤務。

 

1983年
世田谷でレストランを開業。
メニュ-を日本語、英語、ドイツ語、フランス語で書いていたことから外国人顧客を獲得。


 

1987年8月
世田谷の店舗の顧客であったOAGハウス・ドイツ文化会館の幹部の要請により、
東京赤坂にあるOAGハウス・ドイツ文化会館に1号店『OAGクラブレストラン・クライゼル』を出店。


 

1994年7月


1号店の顧客だったメルセデス・ベンツ・ジャパン社長や幹部に、メルセデス・ベンツ本社のある『六本木ファ-ストビル』内に出店への多大なる援助を受け、2号店のレストラン 『ツム・アインホルン』をオ-プン。

 

1990年9月

ケンペル来航300周年記念をOAGホールにて浩宮皇太子、各国大使など100名を招待した昼食会を担当。

1991年4月

カナダ大使館、新館落成記念をテーラー大使主催の食事会を担当。

1991年11月

ドイツ大使公邸にて各国大使・在日ドイツ人など1,200名を招待したドイツ統一1周年記念パーティーを指揮。

2001年4月

エルベ川クルーズの旅」をバイオリンニスト天満敦子氏と行く。

2002年2月

スロヴェニアの聖マルティン協会より「日本においてスロヴェニアの食文化紹介に貢献した」ことにより,日本人として3人目のディプロマが首都ュブリヤーナ(Ljubljana)にて贈られる。(Martinova Bratnija Diploma)

 

2005年4月

「日本におけるドイツ年」のために来日されたケーラー大統領を招いたテュッフラインランド・日本社の350名を招待したパーティーを指揮。

 

2005年5月

ドイツ大使公邸にて「ディットマン大使基金」700名出席のパーティーの指揮をとる。

 

2005年6月

『紀ノ国屋』にて料理教室開催。

2005年10月10月

京都リーガロイヤルホテルにて、辰巳卓郎氏プロデュースの「嬉食満面晩餐会」のゲストシェフを務める。

 

2006年2月

第七回シェフと行く旅「シャンパン地方から南西ドイツの古都へ」

2006年7月

グローバル『天満敦子と行くリバークルーズ、モーゼルとラインの旅」にゲストシェフとして同船する。

 

2009年5月

在日ドイツ大使館大使ハンス・ヨアヒム・デアー氏より表彰される。

 

2011年3月12日

日本ドイツワイン連合会とドイツワイン基金より『ドイツワイン 名誉ケナー』の認定書を授与される。

 

2011年10月

「ハットリキュイジーヌクラブ ルナ ラパン」にて一日ドイツ料理 の講師を務める。

 

2011年11月

「紀ノ国屋カルチャーサロン」にて「ドイツの心温まるクリスマ ス」の教室を開催。

 

2012年3月

幕張メッセ「フーデックス2012」ドイツパビリオンにおいてシェフ 兼キチンステージを務める。

 

2013年2月

放課後NPOアフタースクールにて赤坂小学校にて「小学生向けドイツ 料理」の講師を務める。

 

2019年2月10日

「テーブルウェアフェスティバル東京ドーム」 開催記事はこちら 

ドイツの優雅な食卓 “キッチンからテーブルまで” アリーナ 特設ステージ出演 .

foog02_edited.jpg
BOOKS

シェフの書籍紹介

  • Facebook アイコン

©2020 by Zum Einhorn