Christmas Time

ドイツのクリスマス

1年で一番大切なお祭りクリスマス。

 11月最後の日曜日から町ではクリスマスの準備がはじまります。各家庭ではアドヴェント待降節のためのアドヴェントクランツ(樅の木の枝をまるくしたリース)が飾られ、4本のローソクを立て、1本のローソクに火をともします。その日から日曜日が来るたびにまた1本と、最後の1本の4本目がともると、クリスマスはもう目の前、24日のイヴは家族で大事な晩餐。25日は家庭で静かに時を過ごします。

クリスマスの準備が町々で始まります。市庁舎の前の広場では特設のテントを張り、数多くのマーケットが盛大に繰り広げられ、大きなクリスマスツリーが飾られます。

クリスマスマーケットで有名な町として、ドレスデン、ニュールンベルグ、ローテンブルグ、シュテュテュガルトがあります。

寒い冬の夜、グリューワインを飲みながらプレゼントや飾り付けを買うため、マーケットに並ぶ店々を見て回ります。グリューワインとは、赤ワインにたくさんの香辛料とオレンジ、レモンを入れ、温めて飲むワインです。クリスマスマーケットには必ずこのグリューワインを売る店がなん軒か出店され、これを飲まないとクリスマス近しの実感がわかないほど、重要な飲み物なのです。

ドレスデンではシュトリツェルマルクトと呼ばれ、ドイツで最も古いクリスマスマーケットとされてます。

1370年には既に「シュトリツェルマルクトが開催されている」と書かれた文献が残されています。シュトリッツェルとは旧市街の中心に位置する広場の事ですが、この地域のクリスマスケーキシュトーレンの古い呼び方でもあります。

1997年には248軒もの店が出店し、大変なにぎわいでした。どんな物が販売されているのでしょう。
シュトーレン、レーブクーヘンなどのお菓子をはじめ、ワイン、ハムやソーセージ、樅の木や枝、生花、造花、ワイングラスなどのグラス製品キッチン道具の刃物や鍋類、絵画、革製品、靴下や帽子、テーブルウェアー、クリスマスの小物飾り、木工製品、子供のおもちゃ等が所せましとならんでいます。見て回るだけでその地方の伝統的な手工芸品を見る事ができます。


  • Facebook アイコン

©2020 by Zum Einhorn